ご挨拶
― 所属感を生かそう -

学長代行  望月 公子

 コロナワクチンの接種が始まりました。シルバー大学でも2年間コロナに振り回されてきましたが、これからは正常な学びが取り戻されるのではないかと期待しています。

 4月23日に、今年度最初の講師会が生涯学習センターで開かれ、講師の方々からは、昨年度の報告と今年度の学習計画の説明がありました。

 シルバー大学は、多種類の学習内容や多様な学習形態を有する学校ですので、コロナ対応も実に様々であり、この狭い紙面では説明しきれませんが、諸先生方が心を込めて授業の準備をし、学生の受け止め方を見ながら次の予定を再考されていること。そして緊急事態の対応に苦慮されながらも、今年度の学習計画を立て、万全の準備をして学生との再会を待っているとのことでした。

 学生の皆様もこういった講師の方々の前向きな取り組みをご理解頂き、今年度の授業がスムーズに進行していくようご協力をお願い致します。

 ◎ 学生が意欲的だから、先生が熱心になるのか?
 ◎ 先生が意欲的だから、学生が熱心になるのか?

 「私は思わず、先生方の思いを『シルバーだより』で伝えます」と言ってしまいました!

 激変に次ぐ激変の世の中です。キャッシュレス、スマホ、コロナ、COVID-19、PCR検査、二重変異種など、言葉だけでも目が回りそうです。こうした時だからこそ、今まで培ってきたシルバー大学での交流による情報交換が、悩みを解決してくれるものと思います。たとえコロナで講義を受けられなくても、

 ・ シルバー大学の学生であること
 ・ 地域のメンバーであること
 ・ 教室の一員であること

に誇りを持ち、校歌にある『人と人との輪の花』を咲かせ、更にシルバー大学の学生であるという所属感を確認しつつ、この大事な時を乗り切りましょう!

〒116-0002 東京都荒川区荒川3-49-1
事務局:荒川区立生涯学習センター・教育センター内
 TEL. 03-3801-5740 ・FAX 03-3801-5691
Copyright (C) 2006, Arakawa-Silver University All Rights Reserved