英   語

目、耳、口、体を使って、ゆっくりと楽しみながら英語を学びます。

平成30年度授業予定 
講師 木村 國子 
会場 生涯学習センター大会議室 
曜日 金曜日 
時間 午前 
〈2・4〉週 授業日 
H30/5月 11 25  
6月 22 29  
7月 13    
8月 31    
9月 14 28  
10月 12 26  
11月 30    
12月 14 21  
H31/1月 11 25  
2月 1 8 22
3月 8    
 
  下の画像をクリックすると、大きくなります。
   平成30年度のシルバーカレッジ英語クラスは60名(新入生14名)で5月11日に開講しました。初めに新入生の自己紹介が行われました。

 英語教室を選んだのは東京オリンピックのおもてなしとして道案内ぐらいはスラスラと、海外で暮らすお孫さんとのコミュニケーションを図りたい、脳トレで若々しくなど想いは様々です。それぞれの目標に向かってみんなで楽しく英語を学んで行きましょう!!

 木村先生より年間予定の説明があり、一年間かけて読み込む絵本2冊、学芸会の演目も発表されました。英語クラスの教室代表は北潟園枝さん、副代表は市川弘美さん、会計は矢野與志子さん、伊東國江さんを選出、その他の役割分担も決まりました。エンターテイメント(海外、国内、ランチや食事会など)も計画しています。新入生歓迎のランチが有志により開催されました。

平成30年5月

  下の画像をクリックすると、それぞれ大きくなります。
   

 
 
   29年10月

  下の画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。 
 

  下の画像をクリックすると拡大できます。

29年1月


 
平成28年1月

 

荒川シルバー大学英語教室の授業風景

 私たちの英語教室は木村先生のご指導のもとに色々なカリキュラムに取り組んでいます.平成24年度は下記のことを学びました。

【教室内では】
1. やさしい英文法 
  例えば イ、 〜,please(〜をお願いします)やLet`(〜をしましょう)・What is(are)〜
などを使った簡単な会話や 文章を作る事。不規則動詞など。
2. 本読み: 英語童話の本を音読する。
  例えば 「アリス・イン・ワンダーランド(不思議の国のアリス)」 「どろんこハリー」 など 
3. 英語の歌を唄う 
  例えば 「マイボニー」 「トップ オブ ザ ワールド」など
4. 英会話と文法
 木村先生が過去に習得した英文法を使って簡単な質問をし、それに生徒が答える。
 
        教室では上記1〜4を基本として年間に渡り勉強している。
英語教室集合写真

5、 ネイティブ英語

 他に年1〜2回程度ネイティブの先生を教室にお招きして本場の英会話を勉強している。
昨年は12月にアメリカ人のデビット先生による英会話を楽しんだ。
内容は先生の簡単な質問、主に趣味の質問が多かったが、生徒それぞれが驚くほど多彩な趣味を披露して先生方を驚かした。
ネイティブ英会話
 
6、シルバー学芸会
 年に一度サンパール小ホールで英語教室生徒全員が各班に別れ 
約40分間にそれぞれ「歌・本読み・劇」などを発表した。

【課外教室では】
 平成24年度は下記のように行い生徒達は楽しみながら親睦を図っています。

イ、海外旅行:年1〜2回 「スイス」と「カナダ」へ観光旅行。
   ロ、国内旅行:年1回   1泊2日で長野県に「高遠サクラとさくらんぼ狩観光旅行」
ハ、お食事会:年1回   上野御徒町で「イタリヤ料理」のランチ
番外では数人で北欧アイスランドへ「オーロラ」など観賞観光に行きました。
国内旅行
     
   
海外旅行 

平成25年5月

【文責】 シルバー英語教室生徒 小林 潤也


  平成24年英語教室
  第1回海外ツァー
    木村先生と有志15名
    スイス・アルプス5大名峰と3つの絶景
       列車10日間

2012.7.17〜26

 
スイスは高山植物のまっさかり この登山電車に乗りユングフラウヨッホヘ ユングフラウ山頂にて マッターホルンの顔
朝焼のマッターホルン
        
昼のマッターホルン 夕方のマッターホルン 氷河特急に乗ってランドバッサー橋を渡りました ヤギとスイスの村を見下ろす
        
美しい町 ベルン シャモニーのモンタンヴェール登山電車の駅で フランスからイタリアへ ロープウェイの空中散歩で氷河を観ました 雪山を歩くモンブラン登山者
 
  David Agasi(デイビット アガシー)先生の授業風景と記念写真

David先生は米国の方です。
年2回程度招待し、授業をしていただきます。
楽しいひと時でしたが、人によっては、ヒヤヒヤ、ドキドキ?の様でした。何回目かの授業で、私たち生徒も自信がついてきています。

7月13日(金)

 
   
   
 
  2012年 シルバーカレッジ英語クラス 年間予定 (変更の可能性もあり)
第1回 5月18日 3階第3,4会議室
  * グループ作り
* 役割分担 教室代表、副代表 会計(2) 印刷(2)
 エンターテインメント(海外 国内 食事)
* 本選び  “Alice In Wonderland” Based on the story by Lewis Carroll
“ Frederick ” Leo Lionni
“Winnie the Witch“ Korky Paul and Valerie Thomas
* 歌  
「懐かしきケンタッキーの我が家」(My Old Kentucky Home)
          「アニー ローリー」(Annie Laurie)
          「大きな古時計」(Grandfather’s Clock)    
「私のボニー」(My Bonnie)
 「トップ オブ ザ ワールド」(Top Of The World)
          「遙かなるアラモ」(The Green Leaves Of Summer)
  「明日に架ける橋」(The Bridge Over Troubled Water)
          「風に吹かれて」(Blowin’ In The Wind)
          「シャナンドウ川」(Shenandoah)
          「埴生の宿」(Home Sweet Home)
          「家路」(Going Home)
    * 予定  英語の歌 日常英会話(基本英語を含む)やさしい英語の本読み
ネイティブの先生の授業  旅行(海外 国内)会食 
* 日常会話 基本英語   “挨拶をする” 
 
第2回 5月25日 (6月8日から変更) 3階3,4会議室
  * 歌    * 本  
* 日常会話 基本英語 (人について)(一人称、二人称、三人称、複数、 Be動詞、Who ) 家族、友達の写真を持ってくる。
      I am ………………… Are you…………………….?
Yes,…………….. No,……………….
She is…………….. He is………………
   Who …………………….?
    We are …………. You are……………… They are…………………
*  以下、歌、本、は毎回少しずつ進めて繰り返し
    
第3回 6月1日 3階第大会議室
  *日常会話 基本英語 (物)( Be 動詞、 What )
What………………….?
 This is …………………….   That is ……………………
 These are …………………..  Those are……………………
    
第4回 6月15日 3階大会議室
  * 日常会話 基本英語 ( 一般動詞、Do, What)
 Do you have (like, play, eat, see , speak, buy, etc.)…………..?
What do you…………………………………………?
    
第5回 7月13日 3階第会議室
  ネイティブの先生 招待予定
    
第6回 7月27日 3階第3,4会議室
  * 日常会話 基本英語 (予定、未来) (Will, be going to, Where)
Will you (are you going to)…………………….?
  Where are you going…………………………..?
    
第7回 8月31日 3階大会議室
  * 日常会話 基本英語 (過去、したこと) (Did, Have you been to, How )
Did you go to ( play, eat, see, have, buy, etc.)………………………..?
 I went to (played, ate, saw, had, bought, etc.)…………………
Have you been to …………..? I have been to………………….
Where,( what, how )did you …………………………?
    
第8回 9月14日 3階大会議室
  * 日常会話 基本英語 ( 出来る、出来ない) 
  Can you…(V)…………………….-?  I can’t…(V)……………………….
What can you...(V)........................?

( していいか、していただけるか)(Can、May, Could)
    
第9回 9月28日 3階大会議室
  * 日常会話 基本英語 ( 命令文、Let's…………….の文)
    
第10回 10月12日 3階大会議室
  *日常会話 基本英語 (どちら?) (Which)  (なぜ?)(Why)
 Which is…………..?
Which season (country, movie, book etc.) do you like best?
Why do you……………………? Because…………………………
    
第11回 10月26日 3階大会議室
  *日常会話 基本英語 (いつ?何時?) (When、What time)
When is--------?    When (What time) do you----------?
    
第12回 11月30日 3階第大会議室
  *日常会話 基本英語   (How…………………?) その他、復習
How many…………….? How much…………….?
How far……………….? How long………………?
    
第13回 12月7日 3階第3,4会議室
  *発表会へ向けて、役割分担
    
第14回 12月21日 3階大会議室
  ネイティブの先生 招待予定(先生の都合により、7日と交換有)
    
第15回 1月11日 3階第大会議室
        以下 発表会(2月28日、木曜日)へ向けての準備、計4回
    
第16回1月11日 3階大会議室
    
第17回 2月8日 3階大会議室
  
第18回、2月22日 3階大会議室
 
第19回 3月8日  3階大会議室 まとめの会
  発表会 2月28日、木曜日 サンパール3階小ホール
シルバー閉校式 3月18日 月曜日 サンパール3階小ホール
*会場を確かめて、おいでください
 
  英語クラスには、様々な目的を持って生徒が集まって来ます。戦時中で英語が満足に学べなかった人、海外旅行が好きな人、身内が海外にいる人、学んだ英語をリフレッシュしたい人、英語の本を読んだり、英語の歌を歌ってみたい人等。これら総ての希望に応えたいと、年間計画を立てて授業を進めています。
クラスの自慢は、皆、生き生き、優しく助け合って、来るのが楽しくなるクラスです。

平成24年6月

講師 木村 國子

 

下のページをクリックすると、大きなページでごらんいただけます。

平成24年1月


 シルバー大学英語教室課外教育の一環としての海外旅行は平成23年度は英語の本場「イギリス」に7月10日から18日までの8日間で行ってきました。参加者は16名でした。

(それぞれの写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。)

<1日目>  成田空港から12時間45分、時差9時間(実際はサマータイムで8時間)のフライトでロンドンヘ。着後バスにてテェスターへ。
 
<2日目>  「嵐が丘」の舞台ハワース観光後、湖水地方のウィンダミア湖畔の街散策と遊覧船観光をした。
 
<3日目>  リバプール観光の目玉 イギリス最大の大聖堂「リバプール大聖堂」の見学後トレバーの世界遺産[ポントカサルテの水道橋と運河]を観光しました。
 
<4日目>  「最も古い街並が保存されている」カッスルクーム散策後 「イングランドで最も美しい村」バイブリーヘ。次にシェイクスピアの産まれた町<ストラットフオード・アポン・エイボン>を観光しました。
 
<5日目>   芝生に美しい曲線を描くロイヤルクレセントの集合住宅と「温泉」の語源になった<世界遺産バース市内観光で「ローマ時代の保養地バース」ノ<ローマ風呂跡>など観光しました。
 
<6日目>  最終日はロンドン市内観光で午前中は 大英博物館 女王陛下のバッキンガム宮殿 ビッグベンの愛称で親しまれる国会議事堂やロイヤルウエディングで知られるウエストミンスター寺院などを観光し、午後は自由時間をそれぞれがショッピングや市内観光で楽しみました。
 
<7日目>  ロンドン ヒースロウ空港13時45分発 一路日本へ帰国の途につく
 
<8日目>  12時間のフライトで 9時30分 成田空港到着後解散
 
<感想>
 今回の旅行で感じたことは、イギリスという国は自然環境や物を本当に大切にしていることを強く感じました。

日本のようにゴミゴミした建て方でなく間隔を保ちながら庭を造り、手入れが行き届いていて、いろいろの花々が美しく咲いていた。道にはゴミ等が落ちていない。

 また、「古い家」ほど高く売れるそうで、日本のように古いものはすぐに壊して、なんでも「新しいもの」好きな日本人は見習うべきことと感心しました。

 しかしロンドンでは、ショッピングの途中、2人組のしつこい<スリ>に付きまとわれましたが、皆の連携プレーで撃退して難をまぬかれました。

 8日間の楽しかった旅もあっという間に終わり、イギリスのネイチブな英語を経験し、少し利口になれたかなと自負し、この国の「良い面も悪い面」もすべて勉強になりました。時差ぼけのけだるい疲れを感じながら、全員無事帰国しました。

記)シルバー大学英語教室生徒 小林 潤也

平成23年9月

 この教室で私達生徒に英語を教えてくださるのは木村先生です。
 先生の大切にしている事は「易しく 楽しく」です。だから教室はいつも楽しそうな笑いがいっぱいです。

 教室の90パーセントは女性です。この歳になると(60〜80歳代)覚えるより忘れることのほうが多く、教室で教えていただいたことの10%も覚えていればいい方です。だから英語教室の教材は

  やさしい「英語の絵本」を読む
  やさしい「英語の名曲を合唱」する
  やさしい「日常英会話」をする

主に上の3点を重点的に、月2回金曜日の午前10時から12時まで2時間勉強します。その他、年2回オーストラリア人の先生を呼んでネイチィブの英語を学んでいます。おかけで、少しずつですが上達していると思います。

 他に課外教育と親睦を目的として、それぞれ年1回ずつ「食事会 国内旅行 海外旅行」を行いました。ちなみに昨年の海外旅行はマレーシア6日間の楽しい旅でした。今年2010年の国内旅行は6月に山形県蔵王方面にサクランボ狩りを行いました。 12月には中欧4ヶ国(オーストリア・ハンガリー・チェコ・スロバキア)周遊8日間の旅を予定しています。

受講生 小林潤也


〒116-0002 東京都荒川区荒川3-49-1
事務局:荒川区立生涯学習センター・教育センター内
 TEL. 03-3801-5740 ・FAX 03-3801-5691
Copyright (C) 2006, Arakawa-Silver University All Rights Reserved