朗読

詩や文章を声に出して読むことで作品の奥深さと喜びを味わいます。

平成30年度授業予定 
講師 池田 洋子 
会 場 生涯学習センター
第五会議室

(★第四会議室) 
曜日 木曜日 
時間 午前    
(1・3)週 授業日 
H30/5月 10 24  
6月 7 21  
7月 5 19  
8月      
9月 6 20  
10月 4 25  
11月 1 15 29
12月 20    
H31/1月 10 24  
2月 7 21  
3月 7    
   
  下のボタンをクリックすると、朗読教室の最新ページへジャンプすます。

朗読教室

平成29年5月更新


  第5回発表会の様子は、下のボタンをクリックしてご覧下さい。
第5回発表会  

   下の画像をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。
   

   朗読教室は、池田洋子先生のもとに、木曜日午前クラス・午後クラスに分かれて学習しています。朗読は、言葉を声に出して伝えたい作品を聴いて下さる人に届ける役目をしています。人と人とをつなぐ綾の力と思います。
 学んでいる内容は、発音の基礎からはじまります。
声の高い低い、読む速度、文章の意味を考えながら、目をつぶっていても情景が浮かぶような読み方、他に沢山あります。色々な作品に出合う事も楽しみの一つです。新しい発見と文章の奥深さを感じる喜びもあります。
 9月には、研修日帰りバスハイクで山梨方面へ文学散策の予定もあります。11月には、学習の成果を全員で発表出来る学習発表会をサンパール荒川の小ホールで行う予定になっています。
 自主トレーニングの場として「なごみの会」という小さな朗読会も回を重ねて14回が過ぎました。自由参加で自分の読みたい作品を選んで、先生の指導のもとで発表します。教室で聴けない、すばらしい発表に感動する限りです。
 『継続は力なり』心身共に健康で楽しい仲間が沢山居る教室です。池田先生には、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。いっ時の緊張が若さの秘訣かしらと思っております。先生は「いつも皆さんは、本番に強いからね」と、微笑んでいらっしゃいます。

    ( 朗読教室午後クラス  寺田千賀子 ) 

 
 

  平成27年度 学芸会は、こちら  をクリックしてご覧ください。 

下の画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

平成23年10月


講師 池田 洋子


 朗読は”ことばを声にして、伝えたい作品を聴き手に届ける”ことだと思っています。 「朗読の旅教室」では、作者と同じように驚いたり感動したりしたことを、日常会話のように聴き手に語りかけようと、いつも話しています。

  「朗読する人」と、想像をふくらませながら心で受け止める「聴き手」とのコミュニケーションの場となるような朗読を目指したいと考えています。


 とても楽しい教室で、皆さんと会えるのが嬉しく、毎回ワクワクしながら教室に向かっています。

 ほんとうに“継続ぱ力なり”のことば通り、この4年の歩みは、生徒さんに少しずつ少しずつ、力がついてきていることを実感します。          
 お一人お一人の個性が輝いています!

平成22年8月


第1回 朗読発表会

日時 2011年9月15日(木) 午後2時開演
                      (午後1時30分開場)
会場 サンパール荒川小ホール3階

詳細はこちらからご覧ください。→

朗読の旅教室

代表 篠崎 鈴江

 「朗読の旅」教室は、5年目に入りました。 当時、30名に満たない人数で したが、現在では仲間も増え、クラス50名で木曜日の午前と午後に分かれて学んでいます。

 学習の内容は、朗読の基礎の基礎から始まり、「音の高低」「文と文のまとまり」「意味のまとまりや意味の切れ目」「リズム・テンポ」さらにぱ、「表現」や「間のとり方」等など、様々な教材にふれながら学んでいます。

 2月には、学習の成果を発表する「学芸会」があり、これも楽しみのひとつです。


 学ぶほどに、朗読の奥深さを感じるばかりですが、朗読を通して仲間に出会えた喜びと、様々な作品に出会える喜びを大切にしていきたいと思っています。

 池田先生のご指導のもと、みんなで楽しく学んでいます。

  <今年度の教材>
   ・「くどうなおこの詩集」から 
   ・「60歳のラブレター」から 
   ・「ごんぎつね」(新美南吉作)
   ・「伊豆の踊り子」(川端康成作) 他

2010年8月


〒116-0002 東京都荒川区荒川3-49-1
事務局:荒川区立生涯学習センター・教育センター内
 TEL. 03-3801-5740 ・FAX 03-3801-5691
Copyright (C) 2006, Arakawa-Silver University All Rights Reserved