水彩画

初歩から楽しく、何時しか傑作が出来て生涯の趣味となります。

平成30年度授業日程
講師 遠藤 光胡 
会 場 生涯学習センター
第三会議室
曜日 月曜日
時間 午前・午後
〈2・4〉週 授業日
H30/5月 14 28
6月 11 25
7月 9 23
8月    
9月 3 10
10月 1 15
11月 12 26
12月 10 17
H31/1月 21 28
2月 4 25
3月 11  
←このボタンをクリックしてください。

  ←このボタンをクリックしてください。

←このボタンをクリックしてください。

   今年度、新たに8名の生徒を迎え、33名が楽しく、学んでいます。

平成29年7月


  平成28年度発表会出品作品←このボタンをクリックしてください。

  水彩画教室午前(28名)
 経験別で4班に分かれて学習。水彩の基礎を徹底して指導して、早い上達を目指しています。

平成28年7月


  ← このボタンをクリックしてください。

  ← このボタンをクリックしてください。

  ← このボタンをクリックしてください。

 ← このボタンをクリックしてください。

  平成26年度学園祭出品作品  ← このボタンをクリックしてください。

平成25年度発表会出品作品  ← このボタンをクリックしてください。

  平成25年度学園祭出品作品  ← このボタンをクリックしてください。

 水彩画教室は、今年19 年目を迎えました。この間毎年3 月には、その年の習作展を開催してきました。授業では、常に絵画の基礎を重点的に指導しています。全ての教科もどんなスポーツも基礎がベースにないと進歩は望めません。基礎が身につけば、自己の世界が広がり大きな自信になります。恒例となった年末の習作展は、その成果を具現する大事な行事となっています。

平成24年5月 講師 遠藤 光胡


基礎を身に付け、絵を描くことを生涯の友に〃

講師 遠藤 光胡

 殆どの生徒さんは、「絵は描きたいが絵が描けない」と言って入学してきます。絵が描けないのではなく描かないだけ。まず描く事に一歩踏み出す勇気が必要です。入学した生徒さんは、その勇気を出した方々でしょう。後は講師の指導を素直に受け入れる心だけです。

 水彩画教室の目標は、基礎をしっかり身に付け、絵を描くことに楽しみと満足を得て、生涯の友となることを目標にしています。

 授業は、年間を通して四季折々の題材を中心にした写生やデッサンで基礎を学びます。題材は毎年ほぼ同じですが、学年の経過とともに同じ絵を比較できることで自己の進歩を確認できます。

 その他課外授業として、年2回の郊外写生会と、年度末には町屋文化センターでの水彩画教室発表会を実施しています。


受講生 萩原 善盛

 私達の水彩画教室では、毎回笑いの中で絵を描いています。季節の花や野菜、果物、置物等の静物の題材が机の上に置かれ、講師の解説と指導のもとに各自が思いを込めて筆を走らせ始める。一瞬張り詰めた空気が流れる中、講師が各テーブルを回りながら懇切丁寧にアドバイス。時折飛び出す講師のジョークに笑いの渦が巻き起こる。

 行事としては、春秋の屋外スケッチと、秋の学園祭での秀作発表。そして一年間の成果を問う3月の卒業展と懇親会。心も体もいつも活き活き、VIVA水彩!


〒116-0002 東京都荒川区荒川3-49-1
事務局:荒川区立生涯学習センター・教育センター内
 TEL. 03-3801-5740 ・FAX 03-3801-5691
Copyright (C) 2006, Arakawa-Silver University All Rights Reserved