<<---->>

歌声クラブ

ピアノに合わせて童謡、唱歌、懐かしのメロディー、外国の民謡を
一冊の歌集を使って、みんなで歌います。

平成30年度授業予定
講師 本田 治子
助手 高橋 建司
会 場 生涯学習センター
音楽室
曜日 火曜日
〈2・4〉週 授業日
H30/5月 8 22
6月 12 26
7月 10 24
8月    
9月 11 25
10月 9 16
11月 13 27
12月 11 25
H31/1月 15 29
2月 12 26
3月 12  
  下のボタンをクリックすると、歌声クラブの最新ページへジャンプします。

歌声クラブ

平成29年5月更新


歌は楽しい!!

「歌声クラブ」助手 高橋建司

 4年目を迎えた教室が5月12日にスタートした。ビアノ担当の本田先生の選んだ第1曲目は「鯉のぼり」♪いらかの波と雲の波 重なる波の中空を・・・ みんな昔のこどもの頃を思い出して声を出す。

 今年度の新受講生19名にも414ページもある唱歌・童謡や外国の歌もある歌集が初日に間に合った。歌の好きな人達が86名も集まってきた。

 土曜日の音楽教室と重複受講者もあれば、区内の合唱団に入って歌っている人もいる。

 2曲目は「若葉」、昭和17年の戦時中に作られた歌であるが、初夏のみずみずしい新緑の風景の平和な穏やかな歌詞である。 “春の小川" “せいくらべ"と先生のビアノに合わせて歌は続いた。

 後半はいつものように“流行歌"も歌う。今回は“潮来笠" “東京ラプソディー" “青い山脈"、何やら童謡、唱歌より声が出ているのはどうしたことだろうか? 以前教室のアンケートの中で、一部の人は、あまり唱歌、童謡は歌えないと回答する人があったのは意外だつた。

 昨春、父親の転勤で海外の学校に転校した小5の孫娘から、小学校時代6年間で歌う「歌はともだち」という歌集をもらった。176ベージの小さな歌集を見ると、あまりにも我々の時代と曲名が違うのに驚いた。

 赤とんば、里の秋、ふるさと・・など、我々が歌った曲のあるのは数えるほどしかなく、春の小川、浜辺の歌、埴生の宿、朧月夜・・など多くの歌が削除されているのにびっくりした。

 親が教えない限り上記の歌はこども達から消えて行く運命なのだろうか。歌い継がれてほしい曲がまだまだ沢山あるのだが・・・。

 歌声クラブはぶっつけ本番、次々と歌ってゆくが、ラジオ時代に育ち、今のように娯楽の少ない時代に育った者の集まり、多くの人達はよく歌を知っている。重複した歌もあるが、教室が始まって3年間が過ぎ、数えれば700曲くらい歌ったことになる。これからもみんなの好きな歌の数々を歌い継ぎたいを思います。

平成27年8月


  2月28日
 学芸会に「歌声クラブ」が初出演します。

昨年よりスタートした、27番の教室「歌声クラブ」は、今回初めて学芸会に参加します。
9教室出演の最後に歌うことになりますが、ピアノに合わせて会場の皆さんと一緒に歌います。歌詞はプロジェクターで写した大きな画面にあります。

                      [曲名]

   1、早春賦  2、春が来た  3、雨ふり  4、夏の思い出
   5、浜辺の歌 6、故郷  7、紅葉  8、野菊  9、りんごの唄
  10、青い山脈 11、たき火  12、冬景色  13、仰げば尊し

   学芸会 2/28日(木) サンパール荒川 小ホール 9:50~4:15        

           「歌声クラブ」 出演時間 3:25~3:55
            ピアノ 本田晴子 進行係 高橋建司


 学校帰りのあぜ道で口ずさんだ歌。また、友達と遊んでいる時、何とはなしに歌う曲。ラジオからもれ聞こえてくる旋律。瞬時にあの時を想い出させてくれる歌の数々。そんな心ひかれる曲をピアノの伴奏にのせて思いっきり声を出していきましょう。きっとお気に入りのメロディが元気と希望を与えてくれるに違いありません。

平成24年5月 講師 本田 晴子



〒116-0002 東京都荒川区荒川3-49-1
事務局:荒川区立生涯学習センター・教育センター内
 TEL. 03-3801-5740 ・FAX 03-3801-5691
Copyright (C) 2006, Arakawa-Silver University All Rights Reserved